企業調査をする理由

企業調査をする理由について

信用の調査

探偵の調査に企業の信用調査というものがあります。この信用調査とはどんな時に必要となるのでしょうか?そして企業側から依頼される他者の企業調査をする理由として多いものを紹介したと思います。

 

企業調査や信用調査の主な目的、調査内容については以下のものがあります。
取引先の与信や資金繰り、さらには業務経歴や企業としての将来性など、詳しく調査を行うとキリがありません。そしてこれらの情報が必要になるのは企業同士が仕事、業務の依頼を行う関係になったときです。

 

もし仮にですが、インターネット上で自社のホームページを新設すると、早速新規の契約を取ることが出来たとします。しかし、注文された商品を相手側に送ったところ、商品の代金が何時までたっても入金されない。
おかしいと思い、契約先の電話番号に電話をしてもいつも留守電。
あまりに酷い対応なので、取引先の事務所へ訪れてみると、そこは商品を仕入れた直後に倒産していた。
極端な話ではありますが、絶対に無い話でもないことがあるのでコワイです。

 

もしも、取引先の経営不振があって、取引をした商品などの代金を支払ってもらうことが出来なければ、今度は自社にも負担が掛かってしまいます。
そんなことが起こらないようにするために、企業は取引先の情報を知りたいと思うのです。

 

そこで役立つのが企業調査と企業の信用調査です。
この調査を行うことで、安心して取引が出来るかどうかを判断するための情報を集めることが出来るのです。

企業信用調査を行う利点

企業の信用調査を行うことで、どのような利点があるのでしょうか。もしも、取引先に信用調査をおこなっていたことがバレたら、心象が悪くなり、商取引に影響するのではないかと不安を会社の役員もいるかもしれませんが、企業信用調査を行うのはこのデメリットを帳消しするだけのメリットがあります。

 

企業信用調査を行う利点としてまず一番に挙げられるのは、「取引先企業の経営状況を把握することができる」ことです。

 

取引を初めてみると、注文された商品を納入しても、その料金が取引先企業から支払われない。こうしたことは、会社勤めをしている人にとって珍しいものではないと思います。

 

このようなことが頻繁にあっては、自分の会社が損するばかりで、利益にまったく繋がりません。極端な話だと思ったかもしれませんが、企業では可能な限りリスクを少なくすることも大事です。

 

そこで、取引先企業の経営状況を調べるため、従業員や他の業者の出入りを調べるとある程度、経営状況を予想することができます。

 

経営状況の悪い企業だと、人の出入りは少なくなります。特に従業員の数が事前に調べておいた数より極端に減っていたら、大量リストラを行ったか、企業の経営状況が悪く、従業員が自らの意思で企業から離れていった可能性が考えられます。

 

企業信用調査の利点は、こうした取引に置けるリスクを少なくするために活用することができます。取引先を決めるとき、相手の情報は少しでも多いほうがいいでしょう。そういった意味で企業が調査を依頼するのは間違ってはいないと思います。

企業調査を依頼する手順

では、企業調査を依頼するうえで、その依頼までの手順について少しご紹介したいと思います。

 

企業調査は、興信所や探偵事務所に依頼して調査を行うこともできますが、データ調査会社など、一部の企業を対象に膨大なデータバンクを持つ信用調査会社も、企業調査をおこなっています。

 

この探偵と信用調査会社、どちらに依頼をすればいいのか、それは、知りたい情報によって異なると思いますが、もっと具体的に言えば、経営状況など、企業で働く従業員周辺のことを調べたいときは、探偵に依頼するといいでしょう。

 

また、企業全体の経営状況、公的に公開されている情報を集めたり、そのデータを分析してもらいたいなら、信用調査会社に調査を依頼するといいでしょう。

 

それでは、探偵に企業調査を依頼するとした場合で手順をご紹介します。

 

探偵へ依頼する場合、もしかすると自社ですでに何度か利用したことがある探偵事務所や興信所もあるかもしれません。その場合は、その探偵事務所や興信所に調査を依頼するのがいいでしょう。

 

しかし、そうした探偵がいない場合は、自分で探偵を探すしかありません。この探し方ですが、ネットを使って調べてもいいですが、弁護士に相談するのもありだと思います。

 

弁護士の中には、探偵と提携をしていたり、弁護士からの依頼をうけて調査を行う探偵もいます。こうした探偵もある程度信頼できるので、企業調査の依頼先として候補に入れていいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ